EDの病気になっているときはレビトラを粉砕して飲む

性欲が衰えてきたことを病気と捉えていない人も多いと言えますが、実際にはEDという病気です。EDというと勃起障害などの状態になっていることと思っている人が多いと考えられますが、完全な勃起不全の症状のみを指すわけではなく、精力が落ちていることなども含まれています。自分がEDではないかと感じているのであれば、ED治療を受けられる病院に行くことで治療薬を処方してもらえます。ED治療薬というとバイアグラのイメージが強いと思いますが、その他にもいくつかの治療薬がありますので、自分にとって一番効果を実感できるものを選ぶことが大切です。飲んでから薬の効果が現れるまでが短い特徴のあるED治療薬として、レビトラを挙げることができます。レビトラはバイエル社が開発したED治療薬で、高い信頼性を得ている治療薬として有名です。レビトラは10mgと20mgが製造されていますが、配合量が多いとそれだけ薬の効き目が強くなります。薬が効きすぎてしまうと感じたときには、ピルカッターなどの道具を使用して粉砕することで分割して飲むことも可能です。レビトラの有効成分はバルデナフィルで、水に早く溶けるために効果が早く現れると考えられます。勃起は陰茎内部でcGMPの作用によって起こりますが、cGMPの働きを壊す酵素としてPDE5があります。PDE5の量が増えてしまうと勃起力が低下してしまいますが、バルデナフィルの効果によってPDE5の働きを抑制することで、勃起力を回復させることが可能になります。レビトラを病院で処方してもらうときには、保険が適用されないために健康保険証を持参する必要はありません。保険が適用されない分、自由診療の扱いとなってしまうために費用が高くかかってしまいます。レビトラの処方を受けるときには、事前に費用について確認しておくことがおすすめです。

レビトラ最新記事