日記を付けて精力が減退はレビトラを飲む改善方法

レビトラ服用と平行して日記をつける勃起しなくなってきたと感じるときには、自分の勃起力について日記をつけておいたほうが良いです。日記を付けておくことで、自分の状態を後になって確認できるようになりますし、それによって症状が重くなっているときには病院を受診して治療する必要があります。EDはひとりで悩むべき問題ではなく、現在では病院で治療することが可能です。ED治療を専門的に行っているクリニックもありますので、受診してみることで自分に適したED治療薬を処方してくれます。バイアグラ以外にも承認されているED治療薬があり、ドイツ製のレビトラを選択する方法もあります。レビトラの主成分はバルデナフィルで、水に溶けやすい性質を持っていることから薬の効き目が早く現れます。勃起は性的刺激を受けることで、局部内でcGMP(サイクリックグアノシンーリン酸)が増えて、血管が拡張することで起きます。勃起の抑制はPDE5(ホスホジエステラーゼの5型)の作用によって起きますので、PDE5の量を減らせば勃起を促進させる効果を得ることができます。バルデナフィルにはPDE5の働きを抑える効果があることから、勃起力を高めることができる薬と言えます。注意するべきポイントは、レビトラを飲んだら瞬時に勃起するわけではないという点を知っておくことです。レビトラを飲んでから性的刺激を受けることで、初めて勃起が促進されますので、飲むだけですぐに勃起する媚薬ではありません。レビトラは成分の配合量によって2種類あり、10mgと20mgが処方されています。20mgは4~5時間ほどの持続性があり、20mgは8~10時間の持続性となります。1日あたりに飲むことができる量は1錠までとなっており、次に服用するまでには24時間以上空けることが大切です。

レビトラ最新記事